家庭用脱毛器によるやけどに注意

melodyflag48 / 2017年11月17日

家庭用脱毛器を使用しているからといって、必ずしも肌にトラブルが起きにくいとは限りません。家庭用脱毛器にも、カミソリと同様に肌トラブルがおきやすくまた、やけども起こしやすくなります。

カミソリ負けのような湿疹や長時間患部にあてることが原因でできてしまった火傷が家庭用脱毛器を使用したことによる主な肌トラブルの症状です。家庭用脱毛器を使用するときには、必ずクーリングジェルなどを使用して少しでもやけどによるトラブルを解消するように心がけることが大切です。

私が購入したヤーマンの「ノーノーへア」は、長時間同じ患部に当てているだけで自動的にムダ毛処理をストップするので、やけどしにくい構造になっています。万が一やけどをしてしまった場合は、病院を受診し、患部の処置をしてもらうことが望ましいといえます。やけどは、早い処置が大切だからです。

また、火傷をしなくても埋没毛を処理する際に起こりやすい毛穴の炎症も家庭用脱毛器を使用したことにより起こりやすい肌トラブルです。毛穴の炎症が悪化してしまうと、皮膚の色素沈着につながります。色素沈着の症状になってしまうと、一生治りにくい状態になってしまいます。こうした肌トラブルを防ぐためには、しっかりと事前処理などのケアを行うことで、回避できます。

福岡で脇脱毛なら※安くて人気のサロン・クリニックはココ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です